UNADJUSTEDNONRAW_thumb_1762.jpg

colorful grapes make us colorful

人生をより鮮やかに  since 2016

龍池園は新潟県上越市の葡萄園です。

元は雑草地であった土地を開墾・改良し、2016年4月に開園しました。毎年葡萄苗を植え続け、現在では約1ヘクタールの土地に生食用・醸造(ワイン)用合わせて約1000本の葡萄の樹があります。

 
UNADJUSTEDNONRAW_thumb_17a2_edited_edited.jpg

​ロゴに込めた想い

『カワセミと葡萄』 制作:藤井玲奈氏

日本で作物を栽培するためには、農薬を使用します。大規模な農地を管理するためには除草剤も使います。

龍池園では病気が出ていないか、虫が付いていないか、葡萄をよく観察し、農薬を過剰に散布しないよう心がけています。また除草剤も使用していません。

龍池園の近くには、カワセミが出没する川があります。カワセミが、これからも住んでいられるような美しい地域であり続けること。あり続けるよう努力し続けること。

カワセミと葡萄、両者は自然界で交わることはありませんが、そのような想いを持ち続けて、この地で葡萄とともにいきていきたいです。

代表:龍池麻耶

 

​​龍池園のこだわり

our pride

​​生食用・ワイン用合わせて13品種を栽培

「赤」「黒」「緑」様々な葡萄たち

世界中には約3000種もの葡萄があるといわれています。

龍池園の提供する葡萄は13種類。そのうちのほんの数種類でしかありませんが、私たちが「美味しい!」と感じたもののみを栽培しています。

「葡萄」と聞いて、あなたはどんな色・味・香りが浮かびますか?

葡萄って「意外と」美味しいんです。まだ出会ったことのない葡萄に出会えた時、あなたの人生が、より鮮やかで彩のあるものになるかもしれませんし、そうなることを願っています。

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_1767.jpg
UNADJUSTEDNONRAW_thumb_1745.jpg

収穫したその日に出荷

​​「鮮度はごちそう」

「鮮度」以上のごちそうはありません。

​龍池園ではその日に収穫した葡萄のみを出荷します。新鮮な葡萄の香りや食感をぜひ楽しんでみてください。

​​管理できるだけの広さで栽培

​​「作りすぎない」

​​龍池園は現在1ヘクタールの土地を二人で管理しています。その内生食用葡萄は10アール程です。あくまでもこれくらいの面積が、今の私たちの栽培技術で、管理できる広さであると考えています。「管理できる」とは葡萄の樹1本1本の様子がわかるということです。

龍池園は今年5年目。葡萄の樹も一番の年長者で5歳。品質を上げていくため、日々勉強していきます。

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_16d9.jpg